出演者種別
バンドジャンル
子ども/高齢者
日時
月~
会場

市区町村

キーワード

キーワードはスペースで区切ると複数の語句で検索できます。

プロ ポップス ブルース 

2017菅原洋一コンサート 真奈尚子と唄う~愛の歌をあなたに~ (菅原洋一)

日時
2017年11月03日(金)
開演15時/開場14時30分
会場

大阪府|茨木市駅前四丁目6-16
茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)センターホール

料金
一般:4,000円/65歳以上・障害者及びその介助者:3,500円/青少年(24歳以下):1,000円
子ども/シニア
車椅子でのご案内可。就学前のお子様はご遠慮ください。
メッセージ
<出演>

◆菅原洋一

兵庫県加古川市出身、国立音楽大学声楽専攻科卒業。
1958(昭和33)年タンゴ歌手としてデビュー。
1967(昭和42)年「知りたくないの」が大ヒット、ファーストリサイタルを開催。同年「NHK紅白歌合戦」に初出場。(以降22回連続)
1968(昭和43)年「誰もいない」で日本レコード大賞歌唱賞受賞。
1970(昭和45)年「今日でお別れ」で日本レコード大賞、他各賞を独占受賞。日本を代表するアーティストとして、その地位を不動のものとする。
1975(昭和50)年「乳母車」で東京音楽祭歌唱賞受賞。
1977(昭和52)年「第11回リサイタル」で芸術祭参加、優秀賞受賞。
1978(昭和53)年歌手生活20周年記念アルバムで日本レコード大賞顕彰。
1992(平成4)年郷里加古川市より第1回加古川市民文化賞受賞。
1998(平成10)年歌手生活40周年記念アルバム(叙情歌集)「うたたね」発表。全国ツアー開催。
2003(平成15)年歌手生活45周年を迎え、10月に2枚組記念CDアルバム“「歌人」~Singer~”発売。
園まりとのデュエット曲「アマンⅡ(アマン・ドゥ)」をリリース。45周年記念コンサート。
2008(平成20)年歌手生活50周年。全国でソロ・親子でのコンサートを開催。日本レコード大賞功労賞受賞。
2012(平成24)年歌手生活55年記念として全曲新録音のベストアルバム「ビューティフルメモリー」発売。
2014(平成26)年「タンゴの世界ビューティフルメモリー~80才の私からあなたへ2~」を発売。
2015年(平成27)年全曲新録音によるアルバム「ピアノと唄う愛の詩(うた)~81才の私からあなたへ~」発売。
2016年(平成28)年全曲新録音によるアルバム「私のこころに残る歌~82才の私からあなたへ~」発売。

生涯現役をモットーに、後世に歌い継ぐべき心の歌を歌い続けていきます


◆真奈尚子

奈良県吉野郡天川村に生まれる。茨木市在住。生家が浄土真宗の寺…『真』 奈良県出身…『奈』和尚の子…『尚子』が名前の由来。1989年、〝殿方のアイドル…感性のままに…〟のキャッチで「あなたのタンゴ」でビクターよりデビュー。その後、昭和を代表する偉大な作曲家吉田正に見初められ、マヒナスターズ33代目ヴォ―カリストとなり、1994年、「夜がわるい」のカヴァーでヒット賞を受賞。濃厚な松尾和子に対し、一途で透明感のある歌声は〝新生ムード歌謡の女王〟として注目を集めるようになる。2002年、竹久夢二生誕120周年記念松竹映画「およう」の主題歌「離さないで」をリリースし、女優としても出演。その後、ニューヨークにて、カール・ジョンソンにヴォイストレーニングを受け、タンゴ、ラテン、シャンソンはもちろんのこと、2004年から大阪ブルーノートではジャズにも挑戦。ビルボードライブ大阪となってからも恒例となり、昨年、通算10回の公演を果たした。2009年には菅原洋一と初のジョイントライブを実現している。2007年、デビュー20周年記念アルバム〝逢ai〟を自ら総合プロデュースで制作。2011年5月、作曲家吉田正生誕90年記念作品として「小さな酒場」をビクターからリリース。京都東山の青蓮院門跡、春日大社、石山寺などで寺院コンサートを開催、また、チャリティ・福祉活動も意欲的に続けている。25周年の秋にリリースした記念アルバム「逢ひと夜」は、想い出のスタジオ録音のほか、ビルボード録音とディナーショー録音を含めた13曲を収録。25年の歩みを形にした待望のメモリアル盤は好評発売中。今年、62年の歌唱活動を終えるデュークエイセス最後の大阪コンサートにスペシャルゲストとして出演。


◆ピアノ:大貫祐一郎

1976年東京生まれ。7歳からピアノを始める。洗足学園大学音楽学部ピアノ科卒業。三澤慶子、深井克則に師事。在学中にNHK公開生放送、NHKホールにて前川清、田代ユリ等と共演。卒業後は芦野宏、ペギー葉山、菅原洋一、上條恒彦、叶正子(サーカス)、クミコ、井上芳雄、佐々木秀実、等、シャンソン、ジャズ、ポップス、と様々なジャンルで活動する。雪村いづみとの共演も多く、また、奥村愛(ヴァイオリン)、オーケストラアンサンブル金沢ポップスコンサートにて、 大橋純子、サーカス、布施明、渡辺真知子に提供したアレンジが高い評価を受け、編曲家としても注目されている。前田憲男指揮、東京交響楽団と共演。

<プログラム>

知りたくないの
今日でお別れ
忘れな草をあなたに
ビューティフルメモリー
マイ・ウェイ
ラ・クンパルシータ
ほか

*都合により曲目の一部を変更する場合があります。予めご了承ください。
ホームページ
http://www.ibabun.jp/eventLeaf.php?eid=00318
主催
(公財)茨木市文化振興財団

このライブのお問合せ

問合せフォーム

お名前
メールアドレス
誤入力防止のため同じアドレスを入力してください。
お問合せ内容
300文字以内

上記でご入力頂いた情報をライブ情報の登録者にお知らせします。
この後のやりとりはライブ情報の登録者と直接お願いします。また、本サイトの利用規約もご確認ください。

不正利用を防止するため、下記の数字を入力して「問合せる」ボタンをクリック(タップ)してください。